« PJとパセリの会話「秋の連休」 | メイン | PJとパセリの会話「初シャンプー」 »

農薬を使わない安全で良質な天然餌から
最高品質のヤギミルクが生まれました


Kids: 将来を担う子ヤギたち

牛乳アレルギーの子にも安心ということでポチのおみやげ製品に使われ、また商品としても人気の国産粉末ゴートミルクは、最近、ヤギ牧場の経営母体が二転三転したため、供給が急激に不安定になってきていた。

ただ、日本ではヤギ専門の牧場が他にないために、仕入れ先を海外に求めざるをえなくなった。

国内で入手可能な海外産のゴートミルクはいくつかある。
しかし調べてみると、中国産は言うにおよばず、モンゴル、アメリカ、カナダ産のものは、われわれが求めるクォリティに遠くおよばない。

ヨーロッパ、南半球と八方手をつくして、探し出したのがオーストラリア唯一のヤギミルク専門会社の製品だ。ここはオーストラリアで約4000頭、ニュージーランドで約2000頭のヤギを飼育していて、最高品質の人用の粉末を製造している。

オーストラリア国内市場でも貴重なこの製品は、下記のような特徴があり、われわれが求める品質にも合致する。

■ヤギに与える餌に遺伝子組み換え農産物を混入していない。
■ヤギに与える餌は直接管理する農場で農薬を使わないで栽培する。
■ヤギの生育のために抗生物質や成長ホルモン剤を使用していない。
■製品づくりのために保存剤等の化学物質を使用していない。
■噴霧乾燥製法による100%天然純末で、無添加・無調整。

また、製品の安全性については、
一般生菌、大腸菌、サルモネラ菌、リステリア菌、酵母やカビ等についての第三者検査機関のチェックで、食品としての安全性が確保されている。

そんなわけで、今後、ポチのおみやげのゴートミルクは、オーストラリア産に切り替わる。
ヤギの品種はザーネン種という種類で、ほとんどがオーストラリア国内で、ヤギヨーグルト製品の原料として利用される他、健康食品店等で販売され、家庭用のミルクの原料になるとのこと。

ライグラス、クローバー牧草、チコリ等のハーブなど、農薬を使わないで栽培された安全な天然餌を食べているヤギたちから生まれたミルクパウダーの香ばしさや味わいなど、その品質の違いを、ぜひとも愛犬家の皆さまに実感していただきたい。


Newゴートミルク成分表


Newゴートミルク出荷基準

About

2008年09月21日 12:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「PJとパセリの会話「秋の連休」」です。

次の投稿は「PJとパセリの会話「初シャンプー」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。