« 【ポチの鶏めし弁当リゾット風】西日本高速道路のSA・PAで販売開始 | メイン | Portrait 12 »

PJとパセリの会話
「飼育放棄」

パセリ:大統領のファーストドッグって、決まったの?

PJ:  ポーチュギース・ウォーター・ドッグだって。
    ラブラドゥードルじゃなくてよかったね。

パセリ:どうして?

PJ:  急に人気が出ると、ろくなことがないんだ。

パセリ:ふーん。

PJ:  イヌでひと儲けしようって人たちが
    遺伝子なんか関係なく、無理やり繁殖させるので
    弊害がいっぱい出てくるんだ。

パセリ:弊害って?

PJ:  特定の病気が多くなったりすることだよ。
    それにラブなのにラブらしい気質が消えたりとか、
    ラブラドゥードルぽくないラブラドゥードルに
    なったりとか…

パセリ:そんなのいやだ。

PJ:  でもブームになったら、その犬種であれば何でもいい
    ということになって、繁殖に向かないような個体でも
    お金儲けのために使われたりするんだよ。
    ブームだからって、予備知識もなく買いはじめて、
    あとで、こんなはずじゃなかったって投げ出す人も、
    出てくるかも知れないし。

パセリ:こわいね。

PJ:  だいたいアメリカでは、この金融危機の影響で
    50〜100万頭のペットが家を失う恐れがあるんだって。

パセリ:家を失うってなに?

PJ:  飼育放棄。要するに捨てられるってこと。

パセリ:無責任!

PJ:  パパの話だと、【グラン・トリノ】っていう映画に
    デイジーというかわいいイエローラブが出てくる
    らしいんだけれど、主人公が“最後の行動”を起こす前に、
    隣の家に預けられるんだって。
    そのイエローの表情から、もう会えないんだってのが
    伝わってきて、ガラにもなく泣けてきたって。

パセリ:デイジー、かわいそう。

PJ:  隣に預けたわけだし、同じ飼育放棄でも、
    こういうのは許せるね。事情が事情だしさ。

パセリ:うん、許せる、許せる。

PJ:  さっきのブームの話じゃないけど、
    アメリカの人気犬種第1位は、何だか知ってる?

パセリ:オーストラリアン・ラブラドゥードル

PJ:  バカだね。
    パセリの犬種なんて、ランク外だよ、きっと。

パセリ:じゃ、なに?

PJ:  じゃーん。
    18年連続で、わがラブラドール・レトリーバー

パセリ:それって、ブーム?

PJ:  違うね。定着してるってことだよ。
    だから【グラン・トリノ】みたいな映画にも
    今のアメリカらしさを象徴するために
    イエローなんかが出てくるんだよ。

パセリ:よく分かんないけど、アメリカにはPJさんの
    ラブラドール・レトリーバーがいちばん多い
    ということでしょ。

PJ:  そうだよ。

パセリ:アメリカに生まれなくてよかったですね。

PJ:  どういう意味だよ。

パセリ:アメリカに生まれてたら、ラブらしくないって
    捨てられてたかも。

PJ:  まさか、それはないと思うよ。

パセリ:そうですか?

About

2009年05月02日 00:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「【ポチの鶏めし弁当リゾット風】西日本高速道路のSA・PAで販売開始」です。

次の投稿は「Portrait 12」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。