« 食べることで健康になる生フード。〈朝食編〉 | メイン | 生肉や生骨を与えたいけれどサルモネラ菌や寄生虫が心配という方へ »

食べることで健康になる生フード。〈夕食編〉

きょうの夕食。

生肉、レバー、タラ肝油、リンゴ酢、ビール酵母、
にんにく、生の骨、小麦胚芽、ふすま、ハーブ。
これらをPJとパセリの体重に合わせて準備。

本日は馬肉。
PJは400グラム、パセリが300グラム。

Q 何で生肉なの?

A 犬の消化の仕組みは、酵素にしても、
構造にしても、生肉で、すべてうまくいくように
できている。

犬の消化時間の研究というのがあって、生ものなら
4〜5時間、半生9時間、ドライは16時間で胃を
通過し腸管に入るらしい。
要するに、生肉、生骨なら、即、消化・吸収される
ため、他の臓器に負担がかからない。

犬は、祖先の狼の時代から110万年もかけて、
からだが生肉用に進化してきたわけで、
今さら、人間の都合で変えられない。

どう考えても、生肉がベスト。
しかし、生肉は取扱いが厄介だ。

上の写真のトレイの奥に赤身のかたまりが見える
けれど、これを一口大にカット。前日、冷凍庫から
冷蔵庫に移しといて、パーシャルになったところで
の作業だ。(下の写真)


▲パセリ用馬肉ステーキ。やや薄切り。

中型犬クラスであれば、手羽ならカットの手間は
省ける。最近は、馬肉のいろんな部位をダイス状に
バラ凍結したものが販売されているが、あれは
いい。

カットは、タイミングもむずかしいが、相手は
生肉だから、作業に使った包丁、まな板なんかの
調理器具も、きちんと洗浄しなければいけない。
シンクも。

馬肉はまだしも、鶏肉ならサルモネラとかの恐れが
あるから洗浄というより消毒に近い。

これは、むろん人のためであって、
犬たちはには、ぜんぜん関係ない。

それは、こういうことだ。

基本4:犬の消化系は、仮にサルモネラ菌だとか、
大腸菌だとか、寄生虫だとかに感染したとしても、
強酸性の胃酸(pH1)で対処できる。

基本5:腸管が短いから、問題が起きる前に
病原体が排除されてしまう。

なので、免疫機能が低下して、腸内環境が
衰弱した犬でない限り、まったく問題ない。

でも、いくらお犬様のためとは言え、
もとい、飼い主様の安全のためとは言え、
毎日、消毒というのもしんどい。


▲骨の髄に微量栄養成分が詰まっている。

もう一つ、生肉を与えたら生骨も必須で、
多すぎても、少なすぎてもダメ。

基本6:生肉に含まれるリンは、体内のカルシウム
を消耗する。

だから、リンとカルシウムのバランスを適正に
保つために、カルシウムの豊富なレシピにする
必要がある。

その他に、内臓を与えて微量栄養素を強化したり、
オメガ3/αーリノレン酸という脂肪酸を確保したり
フツーの飼い主さんには面倒なことが多い。

面倒なことが一切なくて、手軽に与えられ、
食べることで健康になる…。
そんな生肉主体のフード、開発中。乞うご期待。

About

2010年04月10日 11:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「食べることで健康になる生フード。〈朝食編〉」です。

次の投稿は「生肉や生骨を与えたいけれどサルモネラ菌や寄生虫が心配という方へ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。